« 保護できました~ オカメちゃん | トップページ | 広島「小鳥のアートフェスタ」行ってきました~ »

2016年7月22日 (金)

迷子から保護に至る過程&おもうこと 

<ボス君のママからのメッセージ>

*少し長いですが 状況そして迷子にさせてしまった反省が書かれています。

 コメント欄をそのまま添付しました。

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

御礼、ご報告が遅くなり申し訳ありませんでした。

ぴぃさんを始め沢山の方々に心配、協力して頂き本当に有難うございました。

〜保護の経緯〜

昨日のPM17:30すぎに、

「我が家のベランダの手すりに迷子チラシに似た子が止まっています。鳥を飼った事がなく、どうやって保護して良いのか分からないので我が家まで来てくれませんか?」

と連絡を頂きました。

場所を聞いたら我が家から200m位の近場でした。

連絡が来たのと、ベランダとは言え外にいる!と焦ってしまい、キャリー、網、何故かセロハンテープを持ち走って行きました。

無事に保護宅に着いたら3階建ての一軒家。ボスは3階にいると案内して頂き、その時は小学生の息子さんがジッと監視してくれてました。

窓が少し開いていて、中で私の声に反応した様にボスが鳴きました。まだ姿が見えなかったですが、鳴き声だけでボスだと確信しました。

すぐに静かにベランダに出たら、手すりの端っこにビショ濡れになり目がトロンとしたボスがいました。

「ボス」と声をかけると、元気に鳴き声で返事をしてくれ、そっと指を出し「おいで」と言うと、すぐに手に乗ってきました。

すぐにお部屋に入れさせて貰い、無事に保護できました。

もうボスには逃げる元気もなく、手に乗せた時にかなり体重が減ってるのがわかりました。

少しの時間、その場にいさせてもらい連絡くれるまでの話を聞きました。

我が家が小学校前の大きな木にチラシを張ったのを小学生の息子さんが見てくれていて、

「チラシの子だ!絶対そうだ!」

と言ってくれ、お母さんがチラシを見に行き連絡先の私に連絡をくれたそうです。

その間、ボスは私の肩に止まり、大好きな私のピアスチミチミをして、ふっと顔を見るとトロンとしてた目に力がみなぎりまん丸な可愛いお目目になってました。

保護宅さんには改めて御礼に伺う約束をし、ボスをキャリーにいれ走って帰宅しました。

まずはボスのケージに入れ、急いで我が家のヌクヌクルームの準備。

その間、ずーっと御飯を食べていてなかなか終わらないので、その間に1番にぴぃさんへ連絡をしました。

電話を切っても、まだ御飯を食べているので主人、娘等に連絡を入れ、お腹が落ち着いたボスを私なりに全身チェック。
怪我はない様子だが、、、やっぱり体重が軽い。

すぐに病院に行きたかったが時間も時間。
今はなによりも保温に安静に御飯と判断しヌクヌクルームに入れ様子見をしました。

ヌクヌクルームの中でも良く御飯を食べ、大好きなヒマワリの種をパクパク食べてました。

その後、ウトウト始めたのでゆっくり休ませてあげようと思い、おやすみシートをかけたらパニックを起こしてしまい。
17日からの5日間、本当に怖い思いをしたのが分かりました。

なだめながらパニックを収め、声をかけ続け、土下座をしました。

安心して寝て欲しいから私の横にヌクヌクルームを移し、昨日は一緒に寝ました。

今日は朝一から病院へ行ってきました。

触診、そのう検査、糞検査をしてもらい異常はないが、、、体重が凄く減ってました。

普段90〜95gが71gまで落ちてました。

栄養剤、ビタミン等入りの注射をしてもらい、今はともかく保温、安静に休ませてあげ好きなだけ御飯を食べさせてと言われました。

帰宅してから、ヌクヌクルームにて爆睡中です。

これからはボスを離す事なく、大事にシッカリ、責任を持ち一緒に過ごしていきます。

沢山の方達の協力、思いがボスを救ってくれ、奇跡を起こしてくれたのだと思います。

皆様の温かさが不甲斐ない飼い主の私なのにボスと再会させてくれたのだと思います。

ぴぃさん、色々なアドバイス、応援、沢山の方達に繋げてくれて、いつもいつもながらですが本当に本当に有難うございました。

皆様、沢山のご協力本当に本当に有難うございました。

まだまだ伝えたい事は沢山あるのですが、保護後にやらなければならない事も多く、気持ちに余裕がありません。

少しでも早く、御礼と報告がしたく、纏まりのない文章ですが許して下さい。

また落ち着いたら、お一人お一人にコメントをさせて下さい。

私&ボス共に深く感謝申し上げます。有難うございました。

☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

すみません。飛び飛びのコメントになりますが、ボスを逃した馬鹿な自分に思う事を聞いて下さい。

命の大切さ、愛おしさ、分かっていただけで実際には分かってなく、ボスに辛く悲しい、怖く不安な思いをさせてしまい謝っても謝りきれないです。

昨日保護後、パクパク御飯を食べるボス。
おやすみシートをかけた時にパニックを起こしたボス。
体重が落ちてしまったボス。
ボスを見てるだけで自分の不注意がどれだけ酷い事だったのかと反省しかない。

でも、だからこそ!もう二度と、絶対にボスにはこんな思いさせてはいけない!
我が家には、ボスの弟分のセキセイのコナ、オカメのヒメ、ワンコ2匹がいる。
皆んなを不幸にする為に一緒にいるんじゃない!自意識過剰になってんじゃねーよ!と言い聞かせ大事に大事に育てる。
この子達を幸せにする為に一緒いる。幸せだと思ってくれる事が私の幸せ、喜びなんだと改めて思いました。

ぴぃさんの前ブログにも書いてありますが、日光浴は窓際で十分!
激しく思いました。

これからは、絶対に幸せにし、幸せをもらえる飼い主でいる!
同じ過ちは繰り返さず、私はボスを悲しい目には合わせません。勿論、他の我が子達にも合わせません。

どうしても気持ちを書きたくて、、書いてしまいました。言葉が悪い所がありますが、自分への腹立たしさからなので許して読んで下さい。   

                                                        < you >

※ 長い文章でしたが最後まで読んでいただき ありがとうございました。

鳥さんは一人で迷子になることはまずありません。 人的な不注意が関係した迷子がほとんどです。

今回、私の呼びかけに迷子情報の拡散にご協力していただいた皆様に心から感謝を申し上げます。

私たちの大切な家族の鳥さん達 細心の注意でこれからも日々を過ごされることを心から願ってやみません。

                        <ぴい>

|

« 保護できました~ オカメちゃん | トップページ | 広島「小鳥のアートフェスタ」行ってきました~ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1263165/66635343

この記事へのトラックバック一覧です: 迷子から保護に至る過程&おもうこと :

« 保護できました~ オカメちゃん | トップページ | 広島「小鳥のアートフェスタ」行ってきました~ »